知識・方略と行動の関係を理解する問題解決シミュレータの開発

 人間はどのような知識や方略を持つかによって,全く異なった問題解決行動を示します。本研究では,この関係を,内的操作(知識・方略)と行動の因果関係と呼びます。問題解決研究においては,この因果関係を理解することは,非常に重要なテーマです。そこで,覆面算を解決する問題解決エージェントを構成し,そのエージェントに様々な知識や方略を追加・削除して,その行動をシミュレートすることができるシステムを構成しました。このシステムを,認知科学の入門的授業で利用しその効果を検討しています。