2014年認知情報処理論Bホームページ

三輪和久

ホームページ

アナウンス

1月14日
予定通り,通常の演習室で授業を行います。ご参集下さい。

12月16日
明日は,予定通り,通常の演習室で授業を行います。ご参集下さい。
その時までに,先々週に導入した第3章の系列位置効果のモデルを完成させ,28の動作確認ページ4において,呈示項目の短期記憶内での処理,忘却,長期記憶への転送などを追従し,最終的にどの項目が再生されるのかを確認しておいて下さい。 明日は,そこまでの学習を前提として,授業を展開いたします。

11月26日
今後の予定を追加しました。
26日の授業に欠席した人は,三輪までご連絡下さい。

11月12日
次回の11月19日の授業は休講とします。

11月5日
次回の11月12日の授業では,ここまでのまとめとして,簡単な通過テストを行います。時間までにご参集下さい。

10月8日
次回の授業は,情報文化学部棟(共通教育棟)2FサブラボBです。

10月1日
必要に応じて,アナウンスを書きます。


授業のテーマと方針
認知科学における研究手法として,実験的アプローチと共に構成的アプローチは2つの主要な柱である。構成的アプローチとは,計算機の上に人間の心の模型を作り,シミュレーションを通して人間の知を研究する方法である。本授業では,認知科学における構成的アプローチの概要を示すと共に,演習を通して実際にコンピュータ上にモデルを構成し,認知モデリングに関する知識と技能を修得する。


最終課題

以下の2つの課題の中から1つを選択せよ。
いずれの課題を選択したかを,1月21日(水)24:00までに,三輪まで通知すること。


11月5日課題

□Basic

□British


スケジュール