CT画像診断における熟達化に関する研究

 現代医療の主要メディアであるCT像(Computed Tomographs)による医療診断の熟達化を検討しました。CT診断には,「画像上の陰影の特徴を知覚する活動」と「患者の疾患を推測する活動」が含まれますが,前者をデータ空間の探索,後者を仮説空間の探索と考えれば,これは典型的な科学的活動と考えることができます。我々は,前者(知覚処理)と後者(概念処理)のそれぞれの熟達化,および両者の相互作用の熟達化を検討しました。なお,本研究は,医学研究科,工学研究科との協同研究として実施しています。