仮想心理実験室の構築および授業実践への展開

 科学教育において,データを組織的に収集するための「実験計画スキル」を教示することは重要なテーマです。我々は,人間の被験者に代わって問題を解決する問題解決エージェントを搭載した仮想心理実験,VPL(Virtual Psychology Lab.)を構築しました。VPLは,学習者の実験行動のチャンク(構造)をフィードバックする機能を持ちます。学習者は,自分の実験計画の履歴を振り返りながら,実験を計画,実行,解釈してゆきます。開発されたVPLの有効性の評価実験,および授業実践を通して,VPLが,実験計画における要因統制スキルの学習において有効であることを明らかにしました。また,このVPLを用いて,科学的現象の説明活動を学習者に体験的に理解させるための授業をデザインし,その実践的評価を行いました。